スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冲方丁「マルドゥック・スクランブル」を読んだ

2007.06.28.Thu.13:54
マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)


ちょっとグロくてエロいけど、面白いです。設定が素敵。
個人的にはページを割いてじっくりと描かれたカジノの場面が一番好きです。

薀蓄、説明だらだらのハードSFじゃないので、とっつきやすいのもよい。

主人公が娼婦の少女ってところで、ひいてしまう人がいるかもれませんが、おすすめ。
スポンサーサイト

冲方丁「マルドゥック・ヴェロシティ」、井上雅彦「遠い遠い街角」

2007.09.26.Wed.12:14
沖方丁「マルドゥック・ヴェロシティ」1,2,3を読了。

マルドゥック・ヴェロシティ〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・ヴェロシティ 2 (ハヤカワ文庫JA)
マルドゥック・ヴェロシティ 3 (ハヤカワ文庫JA)


これはSF大賞やらを受賞した「マルドゥック・スクランブル」の前日談。
一応簡単な感想を書いてあります。こちら

簡単に説明すると特殊な能力をもった集団同士の戦いとエログロ。
この面白くなさそうな説明が俺の限界。

こいつの才能に嫉妬さえ覚える。作者が年下と聞いてさらにそれが倍増。


返す刀で井上雅彦「遠い遠い街角」読了。

遠い遠い街角遠い遠い街角
(2007/06)
井上 雅彦

商品詳細を見る



奇妙な味の連作。これはこれで良し。

でも「マルドゥック・ヴェロシティ」のインパクトが強すぎて、
地味な感じがしてしまうのは、俺が読書人として平等ではないからだ。

参考にも糞にもならんレビューを脱却するために、点数なんて付けてみるか。

マルドゥック・ヴェロシティ ★★★★
遠い遠い街角        ★★☆

★は信頼度をあらわします。☆は★の半分くらいの信頼度。
★★★★★が大当たり確定。

点数じゃないな。

関係ないけど、この前の月曜日、パチンコCR花の慶次で10箱出して、10箱飲まれたよ。
とても悲しかったよ。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。