スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天童荒太「悼む人」を読んだ

2009.11.04.Wed.14:01
聖者なのか、偽善者か?「悼む人」は誰ですか。七年の歳月を費やした著者の最高到達点!善と悪、生と死が交錯する至高の愛の物語。 (「BOOK」データベースより)

悼む人悼む人
(2008/11/27)
天童 荒太

商品詳細を見る


簡単に言うと、変人の行動を3つの視点から描いています。
新聞記者、母親、夫殺しの女。

悼む人の超越した行動には共感できないが、各エピソードにはおおいに感情を揺さぶられた。
母親の視点の話、生きながら燃やされた身元不明の女の話。。。

重いです。でも、こういう話が苦手な僕でも最後まで読ませる力が、この本にはあります。

ラストはちょっと泣きそうになりました。
ラスト前の夫殺しの女と「悼む人」の関係がああなったのは、どうかと思ったけど。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。