スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈須きのこ「DDD1」を読んだ

2007.06.30.Sat.13:04
DDD 1 (講談社BOX)DDD 1 (講談社BOX)
(2007/01/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る


これはやられた。

この人の空の境界は全然ついてけなかった。文章も構成もなんて不親切なんだと思ってたけど、今から思えば設定が個人的に好きじゃなかっただけかもしれん。

これは設定も面白いし、キャラも面白い。

続きが楽しみ。
スポンサーサイト

奈須きのこ「DDD」2巻を読んだ。

2007.11.12.Mon.13:01
奈須きのこ「DDD」2巻を読了。
1巻の感想はこちら

DDD 2 (講談社BOX) (講談社BOX)DDD 2 (講談社BOX) (講談社BOX)
(2007/08/10)
奈須 きのこ

商品詳細を見る


どんな本かと簡単にいうと、特殊能力者VS特殊能力者。
なぜ特殊能力になったかの設定がうまい。

いやー一巻に引き続き面白かった。

この巻はこれからの伏線はりまくっていますが、主人公と対決させれば面白そうな特殊能力者を一斉に抹殺。これから先は本編に関係ないストーリーでお茶を濁さないという決意の表れか?

でも作者は楽しんで書いているだろうなーというのは伝わりますが、いい意味で気合は感じないので、次の巻くらいであっさり終わりそうな気配もします。わざと伏線投げっぱなしで。

しかし本のレビューは難しいな。われながら薄い。
考察して楽しむ事ができる本ですが、私は面倒くさいのでしないというのもあるが、これは完全なエンターテイメント作品なので、そういう楽しみ方が野暮だとも思う。


まぁレビューが続きそうにないので、この作者の本を読んだきっかけでも。
友人に「空の境界」をすすめられたから。
この人は天才!と奴は言ってたけど、この本は正直面白くなかった。というかついていけなかった。
構成、文章ともに不親切でわかりにくいなぁと感じた。
どうも前身のゲームがあるらしい。それをやってなければいけなかったのか?

そんな俺がなぜこのシリーズを手に取ったか?
理由はなんとなく。
それだけ。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。