スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿佐田哲也「麻雀放浪記」

2008.02.22.Fri.15:21
麻雀放浪記(一) 青春編麻雀放浪記(一) 青春編
(2000)
阿佐田 哲也

商品詳細を見る


麻雀放浪記(二) 風雲編    角川文庫 緑 459-52麻雀放浪記(二) 風雲編 角川文庫 緑 459-52
(1979/09)
阿佐田 哲也

商品詳細を見る


今更ながら麻雀放浪記を読む。

1(青春編)、2(風雲編)を読んだ感想。

勝負の世界に身をおいた人間たちの世界に圧倒されました。
私の価値観でいくと、なんでだよ!おい!となるところなどがありましたが、そんな素人の考えなんてどうでもいいばかりに、物語はぐんぐん進みます。
とくに一巻の最後のシーンが圧巻。グッときます。


このブログはあんまり人が来ないから、そんなに気をつかわなくていいかなとも思いますが、ネタバレは自重しときます。

麻雀しらない人でも、勝負師の世界、その青春に触れることができ、きっと面白いと思います。
出てくるキャラクターがまた魅力的なのよ。いい奴じゃないけど。
それと戦後のドタバタな時代というのもいい。カオスです。

こういう本が人によってはバイブルと呼ばれるんだなと、つくづく感じます。
全四巻と言う話だが、図書館には1、2しかなかったので続きが気になる。
これから先、俺が勝負の世界に飛び込むとは思わないが、購入してバイブルとするか。

そういや映画にもなってるらしいな。これは一回見ておこう。

スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。