スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田風太郎「忍法忠臣蔵」を読んだ

2009.04.30.Thu.11:13
実家である吉良を助けるため赤穂浪士を暗殺しようと忍者を送り込む上杉家当主。
赤穂浪士暗殺を阻止し、さらに赤穂浪士を骨抜きにしようと女忍者を送り込む上杉家家老。
「忠義が嫌い、女も嫌い」の主人公、無明鋼太郎は女忍者とともに暗殺計画を阻止できるか?

忍法忠臣蔵―山田風太郎忍法帖〈2〉 (講談社文庫)忍法忠臣蔵―山田風太郎忍法帖〈2〉 (講談社文庫)
(1998/12)
山田 風太郎

商品詳細を見る


エログロ、そして突飛な想像力を楽しめる、いつもの山田風太郎です。

冒頭の女人刺身の話は短編で読んだ事があるので、その話を膨らませたのだろう。

そのせいか物語大半をしめる赤穂浪士たちのからみの部分が浮いている感じがする。
目線も主人公目線じゃなく、赤穂浪士目線だからかもしれないが。

主人公のキャラクターがかっこいい。ラストもそれが生きていい具合にまとまっています。
でも、ちょっとジャンプの打ち切り漫画風味に感じるのはなぜ?

個人的満足度 ★★★☆☆

流石に連続して山田風太郎忍法帖シリーズを読んだせいか、ちょっと食傷気味になった。
そういう個人的な理由の減点もあります。
スポンサーサイト

柳広司「ジョーカー・ゲーム」を読んだ

2009.04.24.Fri.18:18
戦時中の日本を舞台にしたスパイ養成機関の活動を描いたの連作短編集。
2009年度版「このミステリーがすごい!」国内編第2位、2009年本屋大賞第3位との事。

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


「スパイにとって殺人及び自死は最悪の選択肢である。」
「何事にもとらわれるな。」

何事にもとらわれない。
なぜスパイになるのか?お国のためでもお金のためでもない。
尊大すぎる自尊心のため。「俺ならこれくらいできる。俺にしかできない。」

そんな嫌味でクールな奴らが主人公の短編集。

「お国のため」、「命を惜しむな。名を惜しめ」、「諜報戦など卑怯」という思想の軍部に切り込むスパイ達の活躍が気持ちいい。

特に電話を盗聴されている外交官の言葉は笑った。
「神国日本の複雑な言葉が西洋人に理解できるわけがない。
 それに紳士の国であるイギリスが盗聴しているとは考えられない。」

どの短編も面白いですが、個人的に好きなのは、敵国に捕らえられたスパイの脱出劇「ロビンソン」。

そういやスパイ小説って読むの初めてかも。
クールでスタイリッシュと聞いていたが、まさにそんな感じ。
漫画にはなっているらしいけど、映像化にした方が面白そう。映像化向き。
でもいろんなところから苦情がきそうだから無理かな。

現代日本もスパイに無関心で、他国のスパイがやりたい放題できるスパイ天国と聞いたが本当なんだろうか。
奴らは何をスパイしてんだ?

個人的満足度 ★★★★☆

山田風太郎「伊賀忍法帖」を読んだ

2009.04.21.Tue.15:51
乱世の梟雄、松永久秀の邪恋のため、果心居士の弟子・根来忍法僧が美女狩りを行う。
そのために妻を失った伊賀忍者笛吹城太郎の復讐。

伊賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈3〉 (講談社文庫)伊賀忍法帖―山田風太郎忍法帖〈3〉 (講談社文庫)
(1999/01)
山田 風太郎

商品詳細を見る


美女の愛液を集めて惚れ薬を作っちゃおうぜ!
相変わらずぶっとんだ設定と奇想天外な忍術。それとエログロ。

それでいて切ない悲恋物になってます。

とくに敵である根来忍者僧が使う忍法壊れ蓑がぶっとんでます。
これは切断された人体をつなぐというBJ顔負けの忍法。
仲間の負傷を直すというほかに、松永久秀の愛妾「漁火」の首と主人公の妻「篝火」の首を入れ替えるという荒業を行います。そういやBJも馬の頭に人間の脳ミソを移植してたな。

篝火の首をもった漁火は邪悪な心を持つ人間になり、漁火の首をもった篝火は廃人となる。
脳みそがあるほう!とか関係ありません。血が混じりあって新たな存在となります。

きっとこれがやりたかったんだろうな。

テンポがいいので一気に読んでしまった。
面白い。
ただ果心居士の存在がなんとなく宙ぶらりんな気がする。

個人的満足度 ★★★★☆

酒見賢一 「周公旦」を読んだ

2009.04.17.Fri.15:12
孔子が夢にまで見た至高の聖人「周公旦」の生涯。
資料が乏しい伝説の人物を独自の解釈で描いています。

周公旦 (文春文庫)周公旦 (文春文庫)
(2003/04)
酒見 賢一

商品詳細を見る



陋巷に在り」を読んでいない人は、「礼」ってなんだよ!なんか霊界が出てきたぞ!と混乱するかも。

僕もしばらく前に読んだので、「易」、「礼」について最初訳がわからなかった。
「礼」というものを受け入れると、話が俄然面白くなります。というか物語の核だからそりゃそうか。

幼き王を補佐する周公旦とそれを妬む人たち。
できたばかりの国「周」の混乱により、自分の存在を守るためには天下を取るしかないと決意する太公望。
その駆け引きが面白い。太公望の存在も強烈。

今度は太公望の生涯を描いて欲しいな。

個人的満足度 ★★★☆☆

蒼井上鷹「最初に探偵が死んだ」を読んだ

2009.04.16.Thu.02:42
血縁関係のない一族が新たに2人の養子を迎え、山荘で遺言を公開することに。
そこへ数々の事件を解決してきた名探偵を立会い人として呼ぶ。
当然山荘は外界から遮断されます。特殊な設定のミステリー

最初に探偵が死んだ (ジョイ・ノベルス)最初に探偵が死んだ (ジョイ・ノベルス)
(2008/11/19)
蒼井 上鷹

商品詳細を見る


あんまり詳しく書くとネタバレになるけど、設定くらいはいいだろ。

殺された人間が推理をするという話。
基本的に幽霊となった人間は他の人間には見えません。
かといって自由に動き回れません。
自分が殺された部屋から出れない。
しかも死人が出たので使われなくなります。情報もろくに手に入りません。

設定はすごく面白い。

幽霊は自分の殺した犯人を特定できるか?
特定した犯人を生き残った人間にどう伝えるのか?
幽霊となった自分は犯人を見つけてどうなるのか?

俺も序盤は凄くどうなるのか楽しみでした。

感想。

なんか物足りない。。。こんなものなのか?
設定と物語がうまく噛み合ってないような。
最初ワクワクを大落ちが越えないから、そう思うだけか?

ユーモアのある文章は好き。

個人的満足度 ★★★☆☆

テレビで見たレッドクリフPart1

2009.04.13.Mon.00:22
レットクリフをテレビにて見る。
三国志が好きなので見たかった映画。

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

テレビ版は結構カットされてんだろうな。
劇場で見た友人から聞いた話では諸葛瑾が出てたらしいし、結構エロシーンがあったようなので。

あくまでテレビサイズでみた感想です。

感想箇条書き。
・結構好き。細かいところなんかどうでもいいだよ!
・アクションシーンがまるでゲーム!まるで三国無双!
 まさに俺がジョン・ウーに求めてたものだ。
・金城武の吹き替えが金城武でないので違和感。
 そりゃそこまで金かけれないよな。
・中村獅童も同様。そんなに喋ってないけど。
・趙雲がごつい白竜に見えた。張飛のステゴロは笑った。
・八卦の陣も眼福もの。
 こういうのを実写にしてくれるだけでも価値がある。
・ただクドイ。
 アクションシーンも無駄に長くてお腹いっぱいになる。
・孫向尚かわいい。

それと2の予告、流しすぎだろ!
クライマックスに至る重要ポイントをぶちきりで流し、最後は曹操軍に火の船をぶち込む。敵軍混乱。

ナレーション
「この後、連合軍と曹操軍の予期できぬ戦いに突入する。」

もう突入してるだろ!
ここから一捻り、二捻りはあるだろうけど、火刑作戦的中が一番のカタルシスじゃないのか?
違うならいいけど。

しかし、よく製作会社許したな。
自信満々なのか?

山田風太郎「妖説太閤記」を読んだ

2009.04.12.Sun.02:05
秀吉が徹底的に悪役として描かれた異色歴史小説。
哀れで最悪な主人公ですがユーモラスに描かれています。

妖説太閤記〈上〉 (講談社文庫)妖説太閤記〈下〉 (講談社文庫)


すこぶる面白い。
山田風太郎もので一番好きかも。
歴史小説でもかなり上位じゃないでしょうか。(司馬遼太郎読んだことないけど)

女が欲しい、という欲望のために天下を望む秀吉。
気持ちいいくらい徹底的な悪役です。さらにロリコン。

最悪な主人公だけど読んでいてもなぜか憎めない。
権力で側室を手に入れても女に愛されない秀吉。
「天下なんて知るか。それよりも女が欲しい。」と言い切る秀吉がなぜか痛快。

秀吉もあれだが、軍師竹中半兵衛もかなり非人間的。
こいつがまたいいキャラ。上巻で死んだとき下巻は面白さ半減かもとがっかりしました。

下巻は主に天下を取ってからの話。それはそれで面白い。

俺は読んで損なし!と思います。

個人的満足度 ★★★★★

このブログはこれでいいのか?

2009.04.06.Mon.18:28
何のテーマもなく始めたこのブログ。

2年くらい雑多なテーマで更新し半年くらい放置していた。
心機一転、書評というか読んだ本適当レビューとして、ここんとこ更新していたが、どうなんだろうな。

当初は人が本を選ぶときの参考になれば、と思い始めたこのテーマ。
俺自身iPod亡き今、長い通勤時間のお供に他の人のブログを参考にしたりしてるので、そんな感じに出来れば、、、と。

しかし我ながら浅いというか、イマイチな感じなものがチラホラ。
一応全部とは言わない。俺のプライドがそれを拒否する。

他の書評を見ると書いている人はびっしり書いているね。凄い。
量が多いから素晴らしいってな訳でもなく、ちゃんとレビュー、書評として書いている。

まぁ恥ずかしげもなく、そんな人にもバンバン、トラックバックを送っているんだけどな。俺は。

それにしても文章能力が全然向上してないな。
単純な読書量とは比較しないね。書く力は。

しっかし人があんまり来ないな、このブログ。
間違ってやってきた!って人もあんまりいない気がする。
やっぱ内容が悪いのか。いやタイトルが悪いのかな。

それにしても接続詞ばっかだな。。。

よし!愚痴は終わろう!
俺は間違ってない俺は間違ってない俺は間違ってない俺は間違ってない俺は間違ってない!

まぁいい。このブログがネットデブリとして漂ったとしても、俺に後悔はないぜ!
ただ内容はちょっとマシなものにしようと努力はしてみよう。

横山秀夫「臨場」を読んだ

2009.04.06.Mon.17:55
「終身検死官」の異名をもつ捜査一課調査官「倉石」が卓越した「眼」によって真相を暴いていく短編集。
各章毎に主人公が違いますが、一冊を通じて「倉石」の生き様にしびれます。

臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る


とてもハードボイルド。渋い。
各短編毎にひねりがきいていて、さっきと同じじゃん!ってのがなくてよかった。
救いのない話では本当に心が寒くなった。でも面白い。

兎にも角にも「倉石」という存在がかっこいい。

一応最後の短編を見る限り、続編はなさそうな感じがしたがどうなんだろ。

もうちょっと「倉石」物が読みたいような。

今度、内野聖陽主演で連続ドラマになるみたいね。どうなるのか楽しみだ。

個人的満足度 ★★★★☆

関係ないけど、この人の作品は面白いけど読むのにパワーがいるので、心に余裕がないとき以外は敬遠しがちです。
特に長編。
俺の読書パワーが弱いせいか。

方波見大志「削除ボーイズ0326」を読んだ

2009.04.04.Sat.23:42
過去を削除できる装置を手に入れた小学生。時間改変物というよりミステリーを絡めた青春物って感じ。

削除ボーイズ0326削除ボーイズ0326
(2006/10)
方波見 大志

商品詳細を見る


映画「バタフライ・エフェクト」のぱくり、という噂を聞いていたが、読んでいて特別感じなかった。
根本のアイデアである「過去の出来事を修正することで現在の出来事が変わる」って、よくあるネタだと思うし。そんなに目くじら立てなくていいだろ。

話事体は普通に楽しめた。主人公のクラスメートのキャラクターもいい。
ただ時間改変物だと期待して読むと期待はずれ。物語後半の事件の謎解きもうまく収束できてない。そういう狙いなんだろうけど、中途半端な印象。

変な装置をアクセントとした小学生の甘酸っぱい青春物として読めば、なかなかの秀作だと思う。
読みやすいしね。

と、ここまでは読んだ直後の感想。
後で知ったが、これってポプラ社小説大賞とやらを受賞し賞金2000万円をゲットしたとの事。
別に権威も糞もない平民の俺が言うのはなんだが、そこまでの価値はないだろ!100万ならまだわかる。
ぱくり云々の話も、そういうところから大きくなっていったんじゃないのか?

個人的満足度 ★★★☆☆

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ

2009.04.01.Wed.22:58
インターネット上で知り合ったミステリマニアの5人が、各自で実際に殺人を犯し、その謎を解くという連作集。

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社ノベルス)密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社ノベルス)
(2007/01/12)
歌野 晶午

商品詳細を見る


ありえない設定のお話、と言いながらも現実にこんな事件が起こっても、とうとうこういう奴が出たかと納得してしまうような気がする。

面白いことは面白いが、爽快感というかカタルシスというか、すっきりしない読後感。

この作者の近作は変化球ばっかだから、これもそうだろうと身構えて読んだのがいけなかったのか?

個人的満足度 ★★★☆☆
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。