スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田風太郎「くノ一紅騎兵」を読んだ

2010.02.22.Mon.10:54
男根の相で持ち主の運命を判断する「嗚呼益羅男」。衆道の法で男が孕む「くノ一紅騎兵」。官営遊廊と吉原の対決「忍法女郎屋戦争」。「摸牌試合」「忍法幻羅吊り」「お庭番地球を回る」など風太郎忍法の精髄ともいうべき、傑作短編八作収録。
(「BOOK」データベースより)

くノ一紅騎兵―山田風太郎傑作忍法帖 (KODANSHA NOVELS SPECIAL)くノ一紅騎兵―山田風太郎傑作忍法帖 (KODANSHA NOVELS SPECIAL)
(1996/08)
山田 風太郎

商品詳細を見る


相変わらずの風太郎節。突飛な発想、そしてエロ。
既に別の短編集で読んだ作品もありましたが、おおいに楽しめました。

しかし「バシリスク」を書いたせがわまさきが「くノ一紅騎兵」を漫画化したのはビックリ。
なぜに、よりによってこれを。。。

これ別に忍術合戦も何もない。あるのはただ主人公(男)が醸し出すエロのみ。
面白いけど漫画向けじゃないような。まぁ捻りをくわえてくるとは思うけど。
このままじゃ一風変わったエロ漫画になるもんなぁ。(初回を立ち読みしたがモジモジしてしまった。)

でも、これを漫画にするという事は、俺の大好きな「叛旗兵」も漫画になる可能性が高まったか?(登場人物が一部被ってます。)それともミックスするのか?

とにかく期待。

ってか「バシリスク」と「Y十M 柳生忍法帖」もまだ未読なので読まなきゃ。
久しぶりに漫画喫茶でも行ってみるか。
スポンサーサイト

門井慶喜「パラドックス実践 雄弁学園の教師たち」を読んだ

2010.02.22.Mon.10:38
弁論術学習に特化した超エリート校「雄弁学園」。
6歳から演説、議論、陳述研究の訓練に励み、大人も太刀打ちできないほどの技術を持つ高校生たちが、新担任・能瀬雅司着任の日に三つの難題を投げかけた。議論混乱をきっかけに前担任を休職に追いやった生徒たちを前に、これまで要領のよさだけで生きてきた能瀬の回答は???
第62回日本推理作家協会賞「短編部門」最終候補作「パラドックス実践」をはじめ、初等部、中等部、高等部、大学を舞台にした四つの学園小説。
(「BOOK」データベースより)

パラドックス実践 雄弁学園の教師たちパラドックス実践 雄弁学園の教師たち
(2009/06/11)
門井 慶喜

商品詳細を見る


それぞれ難題に対する証明をわかりやすい論理を用いて解決する、変則型青春ミステリー?とでもいうのか?

証明のシーンがわかりやすそうで、イマイチなじめない。

特にパラドックスの証明は、「あーっ!そうか!・・・・でもそれ証明なの?」ってな感じでした。

なじめないのは俺が直感型の人間だからだと思います。
学生時代、数学の証明も点数悪かったしな。

哲学とか論理学が好きな人は楽しめるかも。

モーリス・ルブラン「怪盗紳士ルパン」を読んだ

2010.02.22.Mon.10:28
大西洋を行く客船プロヴァンス号に無線が入った。「貴船にルパンあり。一等船客、金髪、偽名はR…」
あの怪盗紳士がこの船に!いったい誰がルパンなのか?
船客たちは恐怖と興奮に沸きたつが―世界に知らぬ者なきヒーローが誕生した記念すべき「アルセーヌ・ルパンの逮捕」など、傑作九篇を収録。
ルパンの前にルパンなく、ルパンの後にルパンなし。変幻自在、神出鬼没、快刀乱麻の怪盗の活躍を、最新訳で贈る第一弾。
(「BOOK」データベースより)

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)
(2005/09/09)
モーリス・ルブラン

商品詳細を見る


小中学校時代、シャーロックホームズシリーズにはがっぷりはまったが、ルパンはまったく読んでなかった。
なぜだろう。「ルパン三世」みたいな荒唐無稽ばっかりなんだろうと敬遠してたのかな?

というわけで今更初読み。

感想。

いやー。面白いね。
流石エンターテイメントの元祖。読み手を楽しませる作品ばっかり。

脱獄ものあり、心理トリックあり、叙述トリックあり、冒険活劇あり。
ゴルゴ13じゃ勿体つけているルーツ話もさらっと入ってます。

第一弾短編集なのに、かなりバラエティにとんでます。

特に「おそかりしシャーロック・ホームズ」は、ホームズ好きだったので嬉しかったです。
でもホームズを出しても問題なかったのかな?

後で調べたら、ホームズの作者「コナン・ドイル」は怒ってたみたいだね。
ちょっと笑った。

小林泰三「肉食屋敷」を読んだ

2010.02.12.Fri.13:31
ジュラシック・パークに刺激された研究者が、6500万年前の地層の中にあるDNAから地球外生命体を復元してしまう「肉食屋敷」、西部劇をモチーフにゾンビの世界を描いた「ジャンク」、人間の一途な愛が恐怖を生み出す「妻への三通の告白」、自分の中にあるもう一つの人格が犯した殺人に怯える「獣の記憶」。
現実のちょっと向こう側に渦巻く恐怖の世界を創り上げた傑作短篇集。

内容(「BOOK」データベースより)

肉食屋敷 (角川ホラー文庫)肉食屋敷 (角川ホラー文庫)
(2000/09)
小林 泰三

商品詳細を見る


いやー面白い。レベルの高い短編集だと思います。

基本的にグロくて邪悪な話ばかりですが、平山夢明とは違い、生理的嫌悪感を感じさせません。(あれはあれでありだけど)
語り口のせいかな?

「肉食屋敷」はアトラクション的な面白さがあるし、「妻への三通の告白」は途中で内容が読めるがラスト一行が怖い。

個人的には「ジャンク」が一番好き。SFホラー西部劇。
これの長編を読みたいなぁ。漫画にしても面白いかも。

北村薫「盤上の敵」を読んだ

2010.02.09.Tue.10:41
我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。
警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム!末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。
はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか?誰もが驚く北村マジック。
(「BOOK」データベースより)

盤上の敵 (講談社ノベルス)盤上の敵 (講談社ノベルス)
(2001/10)
北村 薫

商品詳細を見る


悲しくて痛い話ですが、主人公の行為に共感できるので、それほど鬱になりません。
作者の前書きに「これには理不尽な暴力が出てきます」と書いていたので身構えて読んだおかげかもしれない。

でも前書きのせいで、序盤辺りで「あーこういう話なのかー」と予想がつきます。
前書きなくてもミステリ慣れした人なら察しがつくかも。

こういうミステリ的な要素ばかりが売りじゃないからいいよ!と言われても、正直拍子抜けです。
タイトルからも仰々しい知的ゲームを期待してたし。

俺自身、久しぶりの読書のせいもあって、読み方に問題があったのも認めます。
理不尽な暴力シーンは苦手なので、さらっと斜め読みしてました。

ちゃんと読んで登場人物に深く共感していれば、さらに面白くなるとは思います。

クロスワードパズル

2010.02.09.Tue.10:32
最近さっぱり本を読んでいなかった。

長い通勤時間のお供にと読書ばっかしてたが、今はクロスワードをずっとしている。

出張行ったときの暇つぶしにと購入したけど、これが結構はまる!

1冊500円で100のクロスワードがあり、半月はつぶせた。
いやー楽しかった。

が、飽きた。

1冊の本内のパズルなので出題者がかぶっているせいか、同じような出題ばかり。。。
何度答えに「ズッキーニ」、「いねむり」と書いたことか。

さて読書復活となるか。
実はそろそろ引越しするので通勤時間が更に増えます。

正直DS欲しい。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。