スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「偽物語」を観た

2014.07.28.Mon.00:01
西尾維新の人気ライトノベル「化物語」のその後をアニメ化したTVシリーズ。
怪異に取り憑かれた少女たちの事件を解決した1ヵ月後の夏休み。
主に阿良々木暦の妹達「ファイヤーシスターズ」の事件を中心に話が展開します。


「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/04/25)
神谷浩史、喜多村英梨 他

商品詳細を見る


「偽物語」 第四巻/つきひフェニックス(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]「偽物語」 第四巻/つきひフェニックス(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2012/07/25)
神谷浩史、喜多村英梨 他

商品詳細を見る


うーん。微妙。
これは原作も前作程じゃないんだろうな。
キャラクターに愛着があったから、それなりに楽しく観れたけど。

化物語にあった実写も交えた如何わしい演出もなくなったのも残念。
そのせいかキャラクターの萌えに重点を置いているような。いや萌えというかエロか。
阿良々木くんのセクハラ度があがったのも残念。

とはいえ、そういうのも嫌いじゃないです。
火憐ちゃんかわいい。撫子かわいい。
はみがきプレイはちょっと引いたけど。

まあ今作は妹2人の話よりも、次作以降で重要になると思われる詐欺師貝木や陰陽師コンビが出す事に意味があるんだろう。

次作も観ます。
スポンサーサイト

西尾維新「化物語」を読んだ

2014.07.27.Sun.00:30
阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった―!?台湾から現れた新人イラストレーター、“光の魔術師”ことVOFANと新たにコンビを組み、あの西尾維新が満を持して放つ、これぞ現代の怪異!怪異!怪異。(「BOOK」データベースより)

化物語(上) (講談社BOX)化物語(上) (講談社BOX)
(2006/11/01)
西尾 維新

商品詳細を見る
化物語(下) (講談社BOX)化物語(下) (講談社BOX)
(2006/12/04)
西尾 維新

商品詳細を見る


アニメ「化物語」が個人的にツボすぎたので、読んでみた。
映像作品を先んじて観たおかげで、キャラクターや状況を脳内保管しながら楽しく読めました。

アニメは原作にかなり忠実だったんだな。
だから原作だからこその要素って、カットされたキャラ同士の掛け合い部分かな。
俺はその部分が好きだったので満足。

しかし西尾維新。このセンス俺好みだわ。

昔読んだときは、戯言シリーズを最初2作で挫折。
ミステリーを期待して読んでがっかりしたのもあるが、心の奥底で若い才能に嫉妬してたのかもしれん。

うーん。もう一度挑戦してみるか。西尾維新。
とりあえず物語シリーズ制覇を目標。

週刊少年チャンピオン 2014年No.34 感想

2014.07.26.Sat.01:22
champion.png

どうも。僕です。

チャンピオンの感想は追記で書く形式でいきます。
理由は特にない。あえていうなら長文になるからです。
続きを読む "週刊少年チャンピオン 2014年No.34 感想"

アニメ「化物語」を観た

2014.07.23.Wed.23:43
西尾維新のライトノベルをTVアニメ化した学園ファンタジーのBOX。階段を踏み外した同級生・戦場ヶ原ひたぎを助けた高校生の阿良々木暦は、彼女が取った何気ない行動から彼女の意外な秘密を知ってしまう。全15話と特典映像を収録。(「キネマ旬報社」データベースより)


化物語 Blu-ray Disc Box化物語 Blu-ray Disc Box
(2011/12/21)
斎藤千和、 他

商品詳細を見る


久しぶりにアニメ、いやがっつりした連続シリーズのエンターテイメントにはまるとは。

京極夏彦的な怪奇物をベースに、癖の強いヒロイン達と突っ込みスキルが長けている変態主人公が送る学園ファンタジー。
ハイセンスというかカオスというか斬新すぎる演出、1話の大半を占める漫才のような掛け合い。
人を選ぶだろうな。

と今更ながら書いてみる。
これって大ヒットアニメだったんだよな。全然知らなかった。

観るきっかけはパチンコでした。
パチンコはパチンコ台としては正直いま一つだったけど、アニメのプロモーションとしては上出来だったと思う。
少なくとも、アニメとか全然見ない、いまだにまどかマギカも見てない俺が、観たい!と思ったし、実際観たし。
それからパチンコで免疫なかったら、あの演出に馴染めず挫折してたかもしれない。
いやー百害あって一利なしと思われるパチンコでも、ちょっとくらいは役に立つこともあるんですね。

とにかく観てよかった。すごい面白かった。
過去の話をあえてやらない構成もよかったし、登場人物のキャラクターもいい。全員好きだ。
萌えという概念を久しぶりに思い出した。いや蕩れというのが上位概念なんだっけ。

副音声のキャラコメンタリーがまたぶっ飛びすぎて笑える。
これも説明不要なくらい有名だよな。だってDVD売り上げが凄いんだろう?

でもレンタル版で俺は見たけど、副音声ついてたよ。
TV放映とネット放送でしか観てない人は是非レンタルを。

長岡弘樹「教場」を読んだ

2014.07.22.Tue.23:10
君には、警察学校を辞めてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。前代未聞の警察小説!(「BOOK」データベースより)


教場教場
(2013/06/19)
長岡 弘樹

商品詳細を見る


警察学校を舞台にした連作小説。
何もかも見通した佇まいの教官がどことなく「ジョーカーゲーム」の結城中佐っぽい。

警察学校内部の世界が描かれますが、なんか物足りない。
僕はそれほど警察学校特有の陰湿さや閉鎖的な雰囲気は感じなかった。
いや十分に陰湿で閉鎖的なんだけど、なんかこれも想像の範囲というかもっとこいよ!というか。

やっぱり帯が悪いよ。
「すべてが伏線。一行も読み逃すな。」
そしてライターさんたちの賞賛のコメント。

ハードルあげまくり。

どんだけとんでもない小説なんだよ!そしてどんな大仕掛けが!

期待度MAXで読んだせいか、いま一つに感じた。いやいま二つだな。

決して内容が悪いわけじゃない。
帯さえなければ、面白かったよと言っている僕がいるとは思う。

週刊少年チャンピオン 2014年No.33 感想

2014.07.22.Tue.01:08
champion.png

どうも。連環馬改めガラパゴスです。

せっかく書評もどき、レビューもどきのサイトを作っていたので、こっちで更新することにしました。
過去記事も順次、記事は別サイトからこちらへ移動する予定です。

どうぞよろしくさん。
続きを読む "週刊少年チャンピオン 2014年No.33 感想"

週刊少年チャンピオン 2014年No.32 感想

2014.07.11.Fri.23:20
champion.png

どうも。僕です。

今更アニメ「化物語」に夢中で更新をちょっとさぼってしまった。
いやー面白いなあ。アニメを見る文化がないせいか、物語をこういう形式で見るのが凄い新鮮だ。

色々と評判がいいものを探してみようかな。と考えている昨今。
次は「まどかマギカ」を見ようかな。これも今更。

でもギャンブルするよりは有意義だしな。

続きを読む "週刊少年チャンピオン 2014年No.32 感想"

週刊少年チャンピオン 2014年No.31 感想

2014.07.03.Thu.21:25
champion.png


どうも。僕です。

このブログはブログ村の「週間少年チャンピオン」カテゴリに参加しています。
主な週間少年漫画雑誌の参加ブログ数は以下の通り。

週間少年チャンピオン: 24
週間少年マガジン:36
週間少年サンデー:45
週間少年ジャンプ:1627

・・・どういうことだ?

王者にしても圧倒的すぎないか?
続きを読む "週刊少年チャンピオン 2014年No.31 感想"
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。