スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有川浩「海の底」を読んだ

2009.03.22.Sun.13:16
警察の意地、自衛隊のジレンマ、米軍の影、人食い巨大ザリガニの侵略などなど、ごちゃまぜのパニック小説。

海の底海の底
(2005/06)
有川 浩

商品詳細を見る


物語冒頭から突拍子もなく化け物でてきます。
それに対抗すべき組織の政治的駆け引きが変に説得力があって面白い。
ハードボイルドな雰囲気がいい。

個人的には恋愛要素はないほうがよかったと思う。

個人的満足度 ★★★★☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント
こんばんは~。
TBありがとうございました。

男性にとっては、有川浩の恋愛要素は余計ですか?
私は、ハードボイルドなところと、ロマンスの両方バランスよく出てくるのが、有川浩の良さだと思ってました。欲張りな読者ですね。
Re: タイトルなし
>>牛くんの母さん

コメントありがとうございます。

> 男性にとっては、有川浩の恋愛要素は余計ですか?
> 私は、ハードボイルドなところと、ロマンスの両方バランスよく出てくるのが、有川浩の良さだと思ってました。欲張りな読者ですね。

男性というか個人的感想です。
この作品に関してはロマンスパートよりもVSザリガニ、組織同士の対立が楽しすぎて、もっと見たいと思いました。

管理者のみに表示
トラックバック
有川浩「海の底」読了。 「塩の街」「空の中」と合わせて自衛隊3部作を、一気読みしてしまいました。 シュールな感じでSF色のつよい「塩の...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。