スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒見賢一「泣き虫弱虫諸葛孔明」を読んだ

2009.03.25.Wed.13:29
史実と物語に作者がつっこみを入れながら話が進んでいく何でもありな小説。
三国志をかじった人なら面白いはず。または怒りで本を投げ捨てるはず。


泣き虫弱虫諸葛孔明泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部


作者は硬派な歴史物をつくったり、軟派なこの小説をつくったり凄いですわ。

次はアクション満載の中間的な小説が読みたいです。できれば展開も速く。
(陋巷に在りの最終巻くらいのスピードで。)

後これをきっかけで、この作者を知った人が多いと思いますが、他の作品もおすすめ。
大作「陋巷に在り」。古代中国の超能力合戦。今思うと山田風太郎っぽいな。
アニメにもなった「後宮小説」。痛快。
漫画、映画になった(映画はなぜか漫画原作の映画化らしいが)「墨攻」。中篇なのですぐ読めます。
エロ風味のメタ小説「語り手の事情」も好き。

個人的満足度 ★★★★☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
「泣き虫弱虫諸葛孔明」 酒見賢一(文藝春秋) 「三国志」では徹底的に美化されている天下の軍師・諸葛孔明。酒見版「三国志」はその虚像に迫る?! 私が読んだのは吉川英治版「三国志」。『三国志演義』をもとにして書かれた国民的歴史大河小説。正統派です....
泣き虫弱虫諸葛孔明 酒見 賢一 奇怪な服をまとい自ら「臥竜」と名乗り、宇宙哲学を語る奇天烈な男として描く、酒見版諸葛孔明伝の第1部。今回は、やくざの親分劉備に出会う(三顧の礼)までの顛末。 ブログでたくさん見かけたこの本の表紙。そして「三国志がわか
泣き虫弱虫諸葛孔明酒見 賢一文藝春秋 2004-11-25売り上げランキング : 18481おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 口喧嘩無敗。 いざとなったら火計(放火)の策。 神算鬼謀の大軍師か? 自堕落、色欲三昧、ヤクザ以下の変奇郎か? 諸葛孔明の虚像...
装画は古内ヨシ。装幀は菊池信義。 初出「別冊文芸春秋」第二三七号~第二五一号。 神算鬼謀の大軍師か?自堕落、色欲三昧、 ヤクザ以下の...
泣き虫弱虫諸葛孔明 「三国志」というと好きな人はものすごく好きというマニアックな世界だとずっと思ってました。気になってはいたのですが、きっかけがなかったのと、だいたい世界史で勉強した時に漢字に苦しんでから、私には難しくて無理・・と思っていたのです。で...
口喧嘩無敗。いざとなったら火計(放火)の策。神算鬼謀の大軍師か?自堕落、色欲三昧、ヤクザ以下の変奇郎か?諸葛孔明の虚像に迫る、酒見版『三国志』登場。「ほんとうの孔明は、こんな人じゃなかったと思う」(作者談)。 「BOOK」データベースより げげ。 すげえおもろ
泣き虫弱虫諸葛孔明酒見 賢一 (2004/11/25)文藝春秋 この商品の詳細を見る まずこの本に触れる前に、先に1つ言いたい。 吉川版「三国志」を何度...
こんなにおかしい話になっているとは思わなんだ。まるでギャグ! 笑える笑える。楽しいよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。