スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで見たレッドクリフPart1

2009.04.13.Mon.00:22
レットクリフをテレビにて見る。
三国志が好きなので見たかった映画。

レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]

テレビ版は結構カットされてんだろうな。
劇場で見た友人から聞いた話では諸葛瑾が出てたらしいし、結構エロシーンがあったようなので。

あくまでテレビサイズでみた感想です。

感想箇条書き。
・結構好き。細かいところなんかどうでもいいだよ!
・アクションシーンがまるでゲーム!まるで三国無双!
 まさに俺がジョン・ウーに求めてたものだ。
・金城武の吹き替えが金城武でないので違和感。
 そりゃそこまで金かけれないよな。
・中村獅童も同様。そんなに喋ってないけど。
・趙雲がごつい白竜に見えた。張飛のステゴロは笑った。
・八卦の陣も眼福もの。
 こういうのを実写にしてくれるだけでも価値がある。
・ただクドイ。
 アクションシーンも無駄に長くてお腹いっぱいになる。
・孫向尚かわいい。

それと2の予告、流しすぎだろ!
クライマックスに至る重要ポイントをぶちきりで流し、最後は曹操軍に火の船をぶち込む。敵軍混乱。

ナレーション
「この後、連合軍と曹操軍の予期できぬ戦いに突入する。」

もう突入してるだろ!
ここから一捻り、二捻りはあるだろうけど、火刑作戦的中が一番のカタルシスじゃないのか?
違うならいいけど。

しかし、よく製作会社許したな。
自信満々なのか?
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
レッドクリフのPART1見ましたが、戦闘シーンはすごい迫力でした。景色も綺麗で壮観ですし、とにかく兵隊の数が半端ないです。陣形は夥しい人間が群がっていますが、関羽や張飛、趙雲などのおなじみの豪傑たちが大活躍します。 趙雲は関羽、張飛に比べれば地味です...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。