スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田風太郎「忍法忠臣蔵」を読んだ

2009.04.30.Thu.11:13
実家である吉良を助けるため赤穂浪士を暗殺しようと忍者を送り込む上杉家当主。
赤穂浪士暗殺を阻止し、さらに赤穂浪士を骨抜きにしようと女忍者を送り込む上杉家家老。
「忠義が嫌い、女も嫌い」の主人公、無明鋼太郎は女忍者とともに暗殺計画を阻止できるか?

忍法忠臣蔵―山田風太郎忍法帖〈2〉 (講談社文庫)忍法忠臣蔵―山田風太郎忍法帖〈2〉 (講談社文庫)
(1998/12)
山田 風太郎

商品詳細を見る


エログロ、そして突飛な想像力を楽しめる、いつもの山田風太郎です。

冒頭の女人刺身の話は短編で読んだ事があるので、その話を膨らませたのだろう。

そのせいか物語大半をしめる赤穂浪士たちのからみの部分が浮いている感じがする。
目線も主人公目線じゃなく、赤穂浪士目線だからかもしれないが。

主人公のキャラクターがかっこいい。ラストもそれが生きていい具合にまとまっています。
でも、ちょっとジャンプの打ち切り漫画風味に感じるのはなぜ?

個人的満足度 ★★★☆☆

流石に連続して山田風太郎忍法帖シリーズを読んだせいか、ちょっと食傷気味になった。
そういう個人的な理由の減点もあります。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
忍法帖シリーズ。そこまでやっちゃうか!山田風太郎……たまらぬ男だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。