スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ

2009.06.29.Mon.16:58
「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が時空を越えて奇蹟を起こす。デビュー第一短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。

フィッシュストーリーフィッシュストーリー
(2007/01/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


特に前情報もなく読んだ。
良くも悪くもいつもの伊坂ワールド。普通に楽しめました。

読んでいて違和感を感じたのは、別の作品からの登場人物が出ていたりしたんだね。
かと言って別にこれが伊坂作品初めて、という人でも楽しめます。

4篇しかないので適当に個人的感想。

動物園のエンジン

いくら伊坂ワールドといえども、ちょっと馴染めなかった。
「オーデュボンの祈り」が好きな人は面白いと思う。
俺は伊坂作品「オーデュボンの祈り」だけが駄目なんだよなぁ。

サクリファイス
最初は諸星大二郎の妖怪ハンターみたいな話かと思ったよ。
まさかそう素直にはいきませんな。

フィッシュストーリー
さすがの構成力。
アイデア一発勝負!で終わらないのが素晴らしい。
ほろっとしました。
これ映画になったみたいだね。
うーん。それはあまり興味がわかないなぁ。音楽関係の作品の映像化って微妙な奴多いし。

ポテチ

好きです。これもほろっとした。
黒澤シリーズはいろいろ広げられそうなので、今後も続くか?
この作品はMO'SOME TONEBENDERの作品にインスパイアされたとの事。
名前だけは知っているが聞いたことがないな。今度聞いてみよう。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。