スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田英朗「用もないのに」を読んだ

2009.07.16.Thu.13:45
おっさん小説家が野球みたり遊園地行ったりフジロック行ったりするエッセイ集。

用もないのに


基本的におっさんのぼやきばっかり。
ゆるくてグダグダで僕は好きです。

内容としましては野球編と遠足編。
野球編には北京五輪野ジャパン観戦記、ニューヨークへジャズとヤンキース松井を見に行った話など。
遠足編はフジロックへ行った、世界一怖いジェットコースターに挑んだ話など。

どのお話も面白いですが、僕はフジロック参戦のお話が一番好き。
本当に楽しんでいる様が浮かびます。
作者がHighLowsを見て感動するのだが、甲本ヒロトやブルーハーツを知らなかったというのには驚いた。

しかしフジロック。僕も一度は行きたいなぁ。
サマソニは何度か行っているけど規模が違うんだろうなぁ。
僕もそういうことに躊躇してしまう年になりました。

個人的満足度 ★★★☆☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
用もないのに奥田 英朗文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『用もないのに』を紹介します。本書は前半は野球編、後半は遠足編のエッセイです。全部奥田氏がその場所に訪れているエッセイです。私は、野球編のみのほうが良かったかなと思いました。それに
用もないのに奥田 英朗文藝春秋 2009-05by G-Tools いま、一番好きな作家はと訊かれたら、私は「奥田英朗」と答えます。 その奥田さんのエッセイ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。