スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾「聖女の救済」を読んだ

2009.07.16.Thu.17:49
男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがあった。湯川が推理した真相は「虚数解」だという。

聖女の救済


ドラマにもなったガリレオシリーズの長編。
ドラマオリジナルキャラだと思ってた内海薫が登場したり、彼女が福山雅治の音楽を聞いていたりとお遊びもあり。作者がドラマを気に入ったのかな?

しかし話にもトリック的にもイマイチ盛り上がらなかった印象。
「容疑者Xの献身」のようなものを求めた俺が悪かったのか?

内海視点、草薙視点、被害者妻視点、愛人視点。
どことなくぼやけた感じ。

せめて主人公である被害者妻に感情移入できれば面白かったんだろうな。
立ち振る舞いが完璧すぎて鼻に付いた。
それから男の俺としては被害者の「子供を生まない女はいらない」思想についていけない。
そんな奴いるんだろうけど、いまいちリアリティを感じなかった。

個人的満足度 ★★★☆☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント
こんばんは。
南大阪在住ですか。当方、市内の東在住です。
ニアミスしてるかもね。
TBをもらったので、TBを返させてもらいました。
Re: タイトルなし
> こんばんは。
> 南大阪在住ですか。当方、市内の東在住です。
> ニアミスしてるかもね。
> TBをもらったので、TBを返させてもらいました。

勝手にトラックバックさせてもらったのに、コメントまでいただいてありがとうございます。

おお!市内の方ですか!
僕は職場が市内なのでニアミスの可能性大ですね。

管理者のみに表示
トラックバック
東野圭吾著 「聖女の救済」を読む。 このフレーズにシビれた。  わかってると思うけど、間もなくタイムリミットだ。出て行く準備をしておいてほしい [巷の評判]お茶を飲みながら・・・では, 「いやもう、いやはや/さすが!東野圭吾!です。/数ページ読み始め、殺人が起...
【聖女とは清純高潔な女性のことである】 東野圭吾著、ガリレオシリーズ長編「容疑者Xの献身」に続き「聖女の救済」今回は女性が容疑者であるらしい・・・。 そんなわけで、大いなる期待感も持ちつつ読み始めたのだが、正直どうもしっくりこない。 いつもなが
 先に『ガリレオの苦悩』を読み始めたのだが、雑誌で読んだ3編は後回しにして、こっちに切替えた。これも雑誌連載で読んでおり、奥付を見る限り加筆・修正は無いようなので再読である。  当然ストーリーは分かってしまっているので、今回は重箱の隅をほじくるようなつ
著者:東野 圭吾 出版社:文藝春秋  感想: 草薙刑事が容疑者である未亡人に一目ぼれ(笑) そのことを内海刑事が密告し、天才科学者が事件の解明に乗り出す、というお話。 ガリレオシリーズは元々トリッキーな作品が多いのですが、今回もある意味すごいトリックが仕...
聖女の救済(2008/10/23)東野 圭吾商品詳細を見る 二冊同時刊行の長編の方です。 子供を持てないのなら、結婚生活自体に意味がない。男と女は結...
{/book/}「聖女の救済」 東野圭吾 ガリレオこと湯川准教授が活躍する長篇第二弾。 テレビドラマも見ていたので、湯川を福山雅治、内海刑事を柴崎コウ、草薙刑事を北村一輝でイメージして読みました。(でも、内海刑事はコウちゃんよりももっとぶっきらぼうな感じがした...
        『聖女の救済』       東野圭吾        文芸春秋【comment】本作は、ガリレオシリーズの短編集『探偵ガリレオ』『予知夢』、長編『容疑者Xの献身』の続編として2冊同時刊行されたうちの一冊である長編だ。フジテレビのドラマ化や映画『容
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。