スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥田英朗「空中ブランコ」を読んだ

2009.07.21.Tue.13:33
伊良部総合病院地下の神経科には、跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り、尖端恐怖症のやくざなど、今日も悩める患者たちが訪れる。直木賞受賞、人気シリーズ第2弾。



再読。
作者はいい設定、いいキャラ思いついたな。

やはり面白いけど、「イン・ザ・プール」の収録作の方が好み。
理由は、前作よりも笑わせようという要素が強すぎて、伊良部が前に出すぎている気がするから。
伊良部自体は魅力的なんだけど、その部分だけ、ちょっと鼻につく。

そういや、これ深夜アニメになるんだね。全11話。
確かに漫画的な話だけど、この笑いは本当に漫画になると面白くないような。
まぁちょっと見てみたいです。

個人的満足度 ★★★☆☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
        『空中ブランコ』       奥田英朗       文春文庫【comment】本作は、先日読んだ『イン・ザ・プール』の続編で、超~奇人変人医師、伊良部一郎が蔓延る≪伊良部総合病院神経科≫にウッカリ通ってしまった患者さんのお話5話が収められている...
名医か迷医か、トンデモ精神科医・伊良部一郎が活躍する(?)シリーズの第2弾で、なんと直木賞の受賞作! 跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗りが主人公の表題作「空中ブランコ」を始め、尖端恐怖症になってしまったヤクザ者の悲劇「ハリネズミ」、誰もが気付い...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。