スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪渡颯介「掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南 」を読んだ

2009.08.05.Wed.11:18
城下の掘割で若い女の幽霊を見たという普請方の男が、まもなく病で死んだ。女の姿を見た者は必ず死ぬという噂が囁かれる折、お家騒動が持ち上がり家老が闇討ちされた。怖がりで純情な甚十郎と酒と怪談を愛する浪人・平松左門が、闇に溶け込んだ真実を暴く痛快時代活劇。第38回メフィスト賞受賞作。

掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南 (講談社ノベルス)


時代劇とミステリーの両方楽しめるという僕好みの作品。

ただ序盤から中盤まで視点がばらばらで落ち着きがなく、話自体も怪談話なのか陰謀話なのかどっちつかずで、どことなく座りが悪い印象。
掘割で女が浮いていたという情景もはっきりと想像できませんでした。

終盤は家老暗殺と序盤中盤で語られた怪談話の謎解きが行われますが、あまりにも強引。
強引すぎて、むしろ気持ちいいです。
というわけで読後感はさわやか。

中盤まではイマイチだなぁと思いながらも、読み終えると続編が読みたいと思わせる不思議な作品。

個人的満足度 ★★★☆☆
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
著者:輪渡颯介 掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南 (講談社ノベルス ワE- 1)(2008/01/11)輪渡 颯介商品詳細を見る 掘割に女の幽霊が現れる。そ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。