スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーリス・ルブラン「怪盗紳士ルパン」を読んだ

2010.02.22.Mon.10:28
大西洋を行く客船プロヴァンス号に無線が入った。「貴船にルパンあり。一等船客、金髪、偽名はR…」
あの怪盗紳士がこの船に!いったい誰がルパンなのか?
船客たちは恐怖と興奮に沸きたつが―世界に知らぬ者なきヒーローが誕生した記念すべき「アルセーヌ・ルパンの逮捕」など、傑作九篇を収録。
ルパンの前にルパンなく、ルパンの後にルパンなし。変幻自在、神出鬼没、快刀乱麻の怪盗の活躍を、最新訳で贈る第一弾。
(「BOOK」データベースより)

怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)怪盗紳士ルパン (ハヤカワ文庫 HM)
(2005/09/09)
モーリス・ルブラン

商品詳細を見る


小中学校時代、シャーロックホームズシリーズにはがっぷりはまったが、ルパンはまったく読んでなかった。
なぜだろう。「ルパン三世」みたいな荒唐無稽ばっかりなんだろうと敬遠してたのかな?

というわけで今更初読み。

感想。

いやー。面白いね。
流石エンターテイメントの元祖。読み手を楽しませる作品ばっかり。

脱獄ものあり、心理トリックあり、叙述トリックあり、冒険活劇あり。
ゴルゴ13じゃ勿体つけているルーツ話もさらっと入ってます。

第一弾短編集なのに、かなりバラエティにとんでます。

特に「おそかりしシャーロック・ホームズ」は、ホームズ好きだったので嬉しかったです。
でもホームズを出しても問題なかったのかな?

後で調べたら、ホームズの作者「コナン・ドイル」は怒ってたみたいだね。
ちょっと笑った。
関連記事

スポンサード リンク


コメント
先日読ませていただきました
昔読んだことがあったのですが、こうして今、創元社文庫で読んで見るとなかなか難しいものです。

ドイルはこの「遅かりしシャーロック・ホームズ」で怒っていたそうですが、ルブランは次作の「ルパン対ホームズ」で完全にケンカを売ってしまったようです。ホームズファンは大激怒したそうで・・・・・・
Re: 先日読ませていただきました
>>Pさん
コメントありがとうございます!

> ドイルはこの「遅かりしシャーロック・ホームズ」で怒っていたそうですが、ルブランは次作の「ルパン対ホームズ」で完全にケンカを売ってしまったようです。ホームズファンは大激怒したそうで・・・・・・

やっぱそうなんですね。。。
僕はこの短編しか読んでませんが、他の短編もルパンがホームズを出し抜く話が多そうですね。ルパンの話だし。
ちなみにどちらかというと僕もホームズひいきです。割り切って読めるかな。

管理者のみに表示
トラックバック
今日の1冊は、モーリス・ルブラン の『怪盗紳士ルパン』です。中学生のころ、ホームズよりもルパンが好きでした。法にしばられない怪盗というのが、とってもかっこいいと思ったのです。先日、久しぶりに書店で、新訳で文庫化されたルパンを見つけました。う~ん、神出鬼没...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。