スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万城目学「プリンセス・トヨトミ」を読んだ

2010.06.11.Fri.09:57
このことは誰も知らない。五月末日の木曜日、午後四時のことである。
大阪が全停止した。長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。 (「BOOK」データベースより)

プリンセス・トヨトミプリンセス・トヨトミ
(2009/02/26)
万城目 学

商品詳細を見る


なんの前知識もなく読む。この作者も初めて。

うーん。

発想は素晴らしいし、キャラクターもいい。
青春小説としても、捻ったファンタジーとしても、途中まで本当ドキドキしてた。
すごい小説読んでる!って気になってた。

でもなぁ。

着地点はこんなものなの?
さらっとしてるというか、ラストだけ起伏も少ないまま終わったというか。

これはこれでいいかもしれないけど、個人的には物足りない。
最期は読んでて、ちょっと疲れました。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
500頁強。 の割にはストーリーが動かない。 中々動き始めないし、動いたと思ったら悪い意味で小さく纏まってて。 ファンタジックな設定ありきで中身が全然練られてない。 やた ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。