スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆川博子「開かせていただき光栄です」を読んだ

2012.01.25.Wed.13:57
18世紀ロンドン。外科医ダニエルの解剖教室から、あるはずのない屍体が発見された。四肢を切断された少年と顔を潰された男性。増える屍体に戸惑うダニエルと弟子たちに、治安判事は捜査協力を要請する。だが背後には、詩人志望の少年の辿った稀覯本をめぐる恐るべき運命が…解剖学が先端科学であると同時に偏見にも晒された時代。そんな時代の落とし子たちがときに可笑しくも哀しい不可能犯罪に挑む。(「BOOK」データベースより)


開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)

このミステリーがすごい!2012年版第3位。

これで、このミス2012ベスト3制覇。
その中でも一番好きです。

中世ヨーロッパ、そして耽美な世界観は苦手だと思ってたけど、全然楽しめた。

この作者って全然知らなかったけど(無知ですまん)、80歳なのか!
年齢なんて関係ない世界といえども、これだけの設定、ストーリーを組み立てられる力に感動。
感性が全然古く感じない。

他の作品も読んでみよう。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。