スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詠坂雄二「遠海事件」を読んだ

2012.02.01.Wed.14:17
佐藤誠。八十六件の殺人を自供した殺人鬼。その犯罪は、いつも完璧に計画的で、死体を含めた証拠隠滅も徹底していた。ただひとつの、例外を除いては。有能な書店員だった彼は、なぜ遺体の首を切断するに至ったのか。
(「BOOK」データベースより)


遠海事件

ようやく作者の独特な世界に侵入できました。
そのせいか楽しめた。

侵入できない人は、唐突なキャラや展開、メイン事件の顛末に憤慨するかも。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。