スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ

2012.02.20.Mon.16:17
「頭狂人」「044APD」「aXe」「ザンギャ君」「伴道全教授」奇妙すぎるニックネームの5人が、日夜チャット上で「とびきりのトリック」を出題しあう推理合戦!ただし、このゲームが特殊なのは各々の参加者がトリックを披露するため、殺人を実行するということ。究極の推理ゲームが行き着く衝撃の結末とは。
(「BOOK」データベースより)


密室殺人ゲーム2.0 (講談社ノベルス ウC-)

「王手飛車取り」→「マニアックス」と来て、「2.0」。
読む順番が「マニアックス」と「2.0」で前後したけど、特別不自由は感じませんでした。

うーん。面白いことは面白いけど、カタルシス的なものは感じなかった。
カタルシスなんて求める作家ではないし、作品でもない気もするけど。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。