スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴志祐介「鍵のかかった部屋」を読んだ

2012.03.05.Mon.16:42
元・空き巣狙いの会田は、甥が練炭自殺をしたらしい瞬間に偶然居合わせる。ドアにはサムターン錠がかかったうえ目張りまでされ、完全な密室状態。だが防犯コンサルタント(本職は泥棒!?)の榎本と弁護士の純子は、これは計画的な殺人ではないかと疑う(「鍵のかかった部屋」)。ほか、欠陥住宅の密室、舞台本番中の密室など、驚天動地の密室トリック4連発。あなたはこの密室を解き明かせるか!?防犯探偵・榎本シリーズ、第3弾。
(「BOOK」データベースより)



祝ドラマ化。

シリーズ物ならではの安定した面白さ。
これらのトリックの映像化に期待。

表題作「鍵のかかった部屋」、「歪んだ箱」は映像映えしそうだ。

しかし劇団のシリーズはいらないなあ。
ひょっとしたらファンサービスなのかな?これ?
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。