スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中森一「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」を読んだ。

2007.11.10.Sat.01:08
田中森一「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」を読了。

詐欺容疑で有罪判決を受け、上告中の著者の自伝。

反転―闇社会の守護神と呼ばれて (幻冬舎アウトロー文庫)反転―闇社会の守護神と呼ばれて (幻冬舎アウトロー文庫)
(2008/06)
田中 森一

商品詳細を見る


よみごたえは十分。著者の波乱万丈の人生に圧倒されます。
やばそうなやばそうな実名もバンバン出てきます。(安部晋三、竹下登など)

政官財とヤクザが入り乱れて、表と裏の欲望の世界を泳ぐ闇の弁護士。
まるで漫画かドラマみたいな話です。素直に受け入れちゃまずいような気がする。
有罪判決を受けている著者の自己弁護の部分もあるだろうし。

なんにしても時代背景や書かれている事件についての知識があまりないので、もうちょっと勉強してから一度読みたい本。正直読みながら少し混乱した。

仕事が忙しい今の時期に読んだのが失敗だったのか。
この本は気分転換にはなりません。読むならガッツリ読むべし。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。