スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹内薫「バカヤロー経済学」を読んだ

2012.10.31.Wed.14:13
バカヤローな社会の仕組みがよく分かる!日本を読み解く“生きた”経済学入門書の決定版。
(「BOOK」データベースより)


バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)バカヤロー経済学 (晋遊舎新書 5)
(2009/05/12)
竹内 薫

商品詳細を見る


バカヤローでもわかる経済学ではない。バカヤローな社会がわかる経済学です。

最初は経済学の基礎的な部分から始まりますが、途中から官僚問題、政治問題(時期的に民主党が政権ととる直前)に切り口が変わっていきます。

語り口が面白くわかりやすい。
それだけに日本はこのままじゃダメだ感を強く感じた。
日銀総裁って素人なのか?官僚ってそんなに力があるのか?言うことを聞かない人間はスキャンダルで陥れるって本当か?怒りと恐怖を覚える。どうすりゃいいんだ?

本作は先生と生徒役の竹内氏の対話形式で行われています。
先生ってのは結局竹内氏の一人二役だろ?と思ったが、後書きを見ると、そうでなく訳あって名前が出せないらしい。官僚の陰謀で。
この時期にスキャンダルがあったって高橋洋一さんかな?
そういやこの本と似たような事言ってた気がする。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。