スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書覚書 望郷編

2007.10.31.Wed.12:41
前回の覚書から読んだ本を列挙。あんまりないけど。
しかしこの覚書、自分以外の人間が見てもあまり参考にならないような気がしてきた。
そんな虚しい気分の中、書きます。

池波正太郎「真田太平記6巻」
 秀吉、利家の死が出てくる第六巻。
 あいかわらず忍者大活躍です。真田一族以上に出番が多いです。
 そして乳繰り合いが多いです。
 前巻で角兵衛は真田次男に屈服して好意を抱くようになったはずなのに、この巻ではまた憎悪を復活させてます。そんなエピソードあったっけな?読み飛ばしたのか?

 さて次の巻を読む前に、図書館で予約していた本が来たので先にそれを読まなければならない。後の人が待ってるので。
 田中森一「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」奈須きのこ「DDD2」
 真田太平記お休み。お休みでも気にならないのは夢中になってないからだろうな。北方謙三の水滸伝は早く次の巻を読みたいと貪欲に感じたけど、これはさっぱり。
 でも面白くないこともないし、意地でも全巻読破します。

 
原哲夫「影武者徳川家康4巻」
 打ち切り丸出しの終わり方。終盤の駆け込み展開がショック。
 少年誌なのにお梶の方が騎上位であえいでいるのは編集部への当て付けなのか?
 まぁ3巻は少年には退屈かもしれん政治的な話がメインだったから、単純に人気がなくなったんだろうな。
 しかし惜しい。ここから島左近と協力して忍者合戦と政治合戦が展開していくのに。
 原哲夫は今書いている北斗の拳続編を書き終えたら引退すると聞いたけど、その前に是非とも続きを書いて欲しい。
 
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。