スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書覚書 鳳凰編

2007.10.16.Tue.12:50
ホラーアンソロジー「モンスター1970」
 4篇中3篇がパロディというバランスの悪い内容。
 残る1篇も微妙にパロディ。
 マニアックな人向けです。うんこと虫とその他ホラー関連が好きな人はどうぞ。

池波正太郎「真田太平記」1~3巻
 面白い大作と聞いていたので挑戦。(面白い池田大作ではない)
 うーん、1~2巻は正直微妙。面白くないことはないがといったレベル。
 真田昌幸の息子差別や、妻への恐怖といったことがくどいし、なんか悲しい。
 次男のキャラもなんかむかつく。
 しかし3巻になり長男大活躍。親父手のひら返し。
 次男は上杉家の人質で物語にしゃしゃりでてこなくなる。
 そのせいかどうははしらんが、面白くなってきた。
 この後も長く続くので期待。

とんでも本女の世界 上巻
 真田太平記の箸休めに読む。
 気軽に読めるのがいい。
 特に感想なし。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。