スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。

2009.03.01.Sun.01:12
主人公が訳のわからないまま首相暗殺の容疑で追われる。しかも敵は国家レベル。証拠の捏造もメディア操作も自由自在。逃げ切れるか?というお話。
2008年「このミステリーがすごい」国内1位との事。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


洒落た会話、凝った構成、漫画的なキャラクター。飄々としたいつもの井坂幸太郎です。

俺はこの人の小説はなんか童話っぽいなぁといつも思う。メルヘン。

主人公の状況と照らし合わせて、ケネディ暗殺も陰謀説が主流というような感じで書いているけど、そうなの?とちょっと調べた。いろいろ面白い。これを話の下敷きにしたんだな。

とにかく敵がでかすぎるし、前半部分で主人公がどうなるか?と示唆されているので、スカッと終わらないとはわかっていたけど、読後はさわやかになれます。

それは話に愛があふれているから。ただ希望は・・・・・・あるのか?

個人的満足度 ★★★★☆

ちなみに俺はアイドルのくだりが好き。元カノ主婦はもうちょっと控えめなほうがよかった。
どうでもいい個人の好みです。
関連記事

スポンサード リンク


コメント

管理者のみに表示
トラックバック
★★★★★ ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎価格今までで1番!!デビュー作から全部読んでますが、本当に楽しめた作品でした。個人的には今ま...
きのうの「生存者、一名」と骨格は同じ話、かも知れない。 ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 仙台市でパレードをし...
仙台の市街地で凱旋パレード中の金田首相が暗殺された。まもなく警察は容疑者を割り出し、マスコミを通じて公表した。 一介の市民にすぎな...
「ゴールデンスランバー」が、2008年本屋大賞を受賞しましたね。 私もようやく読みましたが、なるほどおもしろかったです。 仙台での...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。